~「2年生 花王によるオンラインSDGs授業を行いました」~

10月6日(木)2年生のキャリア学習の一環として、花王株式会社のオンラインSDGs授業を実施しました。
生徒はインタ―ネットを用いた授業を電子黒板で視聴し、タブレットで回答を行いながら進行しました。
また花王株式会社からも担当の方に来校いただき、質疑応答も行うなど、学習を深めることができました。 

~「芸術鑑賞を実施しました」~

9月30日(金)芸術鑑賞を実施しました。今年は文化芸術による子供育成推進事業の巡回公演事業として、東京フィルハーモニー交響楽団に本校へお越しいただきました。
フルオーケストラの迫力ある演奏や楽器教室、オーケストラと体を動かす体験、指揮体験など、多彩なプログラムで音楽とふれあうことのできた時間となりました。 

~「2年生 職業講話を実施しました」~

9月20日(火)、2年生では、キャリア学習の一つとして実施してきた職場体験学習が今年もコロナ禍のために実施できませんでした。
そこで職場体験学習に代え、町内の事業所にお願いして、仕事の内容や必要な能力や仕事に就くためのプロセス、生徒達へのアドバイスなどについて講話いただきました。
生徒はお話しくださる事業所の方々からの、現場ならではのお話を真剣に聞き、学ぶことができました。
講話いただいた事業所(順不同、敬称略)社会福祉法人ユキ園,グループホーム安芸ひまわり,海田みどり幼稚園海田町福祉センター,海田東小学校,海田西小学校,広島市安芸消防署海田警察署,社会福祉法人安芸の郷,陸上自衛隊海田駐屯地  
 

~「命,平和について考える日」~

8月5日(金)夏休みの登校日とし、翌6日の平和記念日に合わせて、平和や命の尊厳についての考えを深めるための学びの時間を行いました。
お越しいただいた講師の細川洋先生から、原爆投下下の広島市内で亡くなった多くの学生達の事実を、叔母の森脇瑤子さんの日記を辿ることを取り入れながらのお話を聞きました。そして各クラスに帰ってから平和を祈念して千羽鶴を折りました。
生徒が細川先生のお話を受けて学んだ言葉を紹介します。
「今当たり前のように生きていることがとても大切なことであり、77年前の広島や、現在のウクライナ侵攻や紛争など世界のどこかで争いが起きていることを忘れず、今を大切に生きていこうと思いました。」(2年生男子)
戦争が起こっていた頃は、自分達と同じ歳、同じ世代の人がとても辛くてたいへんな思いをしていることが分かりました。また、その頃に比べれば私達はとても良くて平和な生活を送ることができているとあらためて分かったので、感謝の気持ちを持って過ごしたいです。」(3年生女子)
「細川先生の話を聞いて、原爆は本当に恐ろしいなと思いました。瑤子さんは一日一日の日記を書いていたので、どんなことをしていたのか、どんな生活をしていたのかなどよく分かりました。原爆で亡くなった人がたくさんいるので、きれいに鶴を折りたいと思います。」(3年生女子)

~「海田町こども議会に参加しました」~

7月29日(金) 海田町こども議会が開催されました。
海田中学校からは、生徒会執行部の角君、山口さん、大角さん、大田さんが代表として参加しました。
通常の海田町議会と同様、参加した生徒がそれぞれ一般質問を行っての進行が行われ、大田さんは議会前半の議長を務めてくれました。
決議として、海田中学校では「あいさつに関する決議」を行い、二学期からの生徒会活動で実践していくこととしました。

~「電子黒板が配置されました」~

二学期スタートに合わせて各教室に電子黒板が配置されました。これまでの黒板に加えて電子黒板やタブレットを活用することで、生徒がより意欲を持ち、積極的な学習を行うことで、学力の向上を図ることができると期待しています。 

~「命,平和について考える~」

8月5日(金)には平和や命の尊厳についての考えを深める学習の時間として、昨年度本校に国語の講師として指導いただいた細川洋先生にお越しいただき、原爆や平和を考える学習の時間を実施する予定としています。
この学習に先立ち、各学年でいのちや平和についての学習を実施しています。一年生では「命の尊厳や自他の共生、感謝について」、二年生では「沖縄戦を通して生命の尊重について」、三年生では「特攻隊員の思いを通して生命の尊重について」 を学習しました。
写真は中校舎廊下に展示している「戦争と平和」に関する図書です。生徒がこれらの図書を見、また手に取ることで、命や平和について考えるきっかけとしてくれることを期待しています。

~「芸術鑑賞のためのワークショップを実施しました」~

7月6日(水)二学期に実施される芸術鑑賞にさきがけたワークショップを実施しました。本年の芸術鑑賞は、東京フィルハーモニー交響楽団にお越しいただき、本格的なオーケストラによる演奏を鑑賞することとなっています。
この日は交響楽団から6名の演奏者の方達が、クラシック音楽や楽器のこと、プロ奏者になられた所以などを紹介いただくなど、楽しいワークショップの時間とすることができました。
このワークショップの実施により、2学期の鑑賞本番がたいへん楽しみで待ち遠しいものになりました。 

~「たなばたさんに飾る七夕飾りを作成しました」~

本年も期末試験を挟んだ期間に各学年で、海田町で行われる「たなばたさん」に七夕飾りを出品するための取り組みを実施しました。
各学年と学級で短冊に願い事を書き、とあみや提灯、天の川などの飾りをおりがみを使って作り、飾り付けを行いました。
飾り作りでは男子も女子も互いに協力して楽しみながらも熱心に取り組んでいました。また願い事を書いた短冊では、進路の実現や部活動の目標達成等に混じってロシアのウクライナ侵攻を意識した、平和を願う言葉も多く見られました。 

~「水害を想定した避難訓練を実施しました~」

6月24日(金)水害を想定した避難訓練を実施しました。7月6日は西日本豪雨災害から4年目を迎えます。海田町でも多くの地域で河川の氾濫や土砂の流出による被害がありました。今回の避難訓練では瀬野川が決壊した場合を想定した避難訓練を実施しました。
瀬野川の決壊は豪雨だけでなく、予想される南海トラフ地震による津波の遡上によっても起こりえますので、いざという場合の避難や家族の連絡方法などについて、ハザードマップなどを利用しての学習活動も合わせて実施しました。
実際には起きて欲しくない災害ですが、北関東、東北大震災を教訓とし、しっかり意識し、備えることが大切だということを学び合いました。
 

~「海田町こども議会の任命式が行われました」~

6月15日(水) こども議会の任命式に本校生徒が参加しました。今年は生徒会執行部の大田さんが本校代表として,海田町役場に赴き,式に臨みました。
こども議会は本校,海田西中と町内各小学校からそれぞれ児童生徒が参加し開催されます。
大田さんは今年のこの議会での議長に任命され,こども議会のまとめ役をしてくれることとなりました。

~「安芸郡・江田島市中学校春季大会に参加しました」~

5月14日(土)、15日(日)第54回安芸郡・江田島市中学校春季総合体育大会が行われました。本校からも各種目に参加し、秋から冬の間に培った実力を発揮してくれました。
各種目の結果は次の通りです。
・剣道部  団体   男子 2位  女子 1位  
       個人    男子 3位 船本大雅
             女子 1位 吉岡夏海
                 3位 船本さくら
・女子バレー部        3位
・サッカー部          3位
・バスケット部     男子  1位
             女子  1位
・野球部            3位
・陸上部  総合   男子  2位
       個人  共通男子800m  2位 新宅真斗
            共通男子200m  2位 中野雷毅
            共通男子400m  3位 宗安大芽
            共通男子3000m  3位 高山大樹
            オープン
               男子1500m  1位 小谷知輝
            オープン
               男子100m  1位 鎌田舜平
            オープン
               男子100m  2位 河原慎
            オープン
               女子100m  1位 津村恵理
            オープン  
               女子100m  3位 大田葵
 

~「3年生 修学旅行を実施しました~」

4月27日(水)~29日(金)3年生の修学旅行を行いました。コロナ禍の中、昨年度は実施できなかった修学旅行でしたが、日程や旅行先を調整することによって実現することができました。新学年になって一月も経たない期間での実施でしたが、生徒には思い出に残る旅行にすることができたようです。
旅程は次の通りです。
一日目
倉敷美観地区(班別行動)→アイビースクエア→
うずしお観潮船
二日目
四国水族館→中野うどん学校→瀬戸大橋タワー→金刀比羅宮
三日目
NEWレオマワールド→与島PA・小谷SA
 

~「令和4年度 入学式が行われました」~

4月7日(木)新年度の入学式が行われました。コロナ禍の中,密を避ける形で昨年に引き続き,新1年生と保護者,海田町からのご来賓,教職員による入学式となりました。緊張した面持ちでの入場に始まり,1~5組の順での呼名がなされました。
新入生代表の重政さんによる新入生宣誓では,不安と期待を抱く中,これからの中学校生活の1日1日を悔いのないようしっかりと歩みたいと,頼もしく語ってくれました。172名の新入生が海田中の一員としてしっかりと歩み始める式となりました。 
 
☆ これ以前のトピックスは書庫ページに収納しています。トピックス書庫